【柱】大人気漫画「鬼滅の刃」|鬼殺隊メンバー紹介(鬼殺隊最高戦力・柱)

鬼滅の刃
出典:鬼滅の刃 コミックス6巻より

おはこんばんにちは!釣りマンです。

今回は、世間でも大人気の漫画、「鬼滅の刃」の鬼殺隊のメンバーについて紹介していきたいと思います。

前の記事では、鬼殺隊の炭治郎の同期メンバーの紹介をしています!

よろしければ見てみてください。

まだ読んでない人にはもちろん、既に読んでいる人にも魅力が伝わり、同志(読者)が増えると嬉しいです!

初めにはっきり言っておきます。

この漫画を読み始めるとハマります。

何周も読み返してしまうほどの魅力が詰まっています!

皆さんもハマりましょう!

では、本題へ。

柱について

柱の概要

漫画・鬼滅の刃に登場する、「鬼殺隊」という産屋敷家によって運営される、政府非公認の組織の剣士の内、最高位に立つ剣士たちです。

「柱」という字の画数である9が定員となっています。ただし、必ず9人いるわけではなく、空席になることもしばしばあります。

各々が扱っている呼吸の流派によって「〜柱」と呼ばれます。

柱になるための基準としては、階級が「甲(きのえ)」で、十二鬼月を倒すか、鬼を50体倒すことを達成すると、柱へ格上げされます。

「十二鬼月を倒す」という条件に関しては、必ずしも単独で倒さなくてはならないわけではなさそうですが、柱との共闘の場合は条件を満たさないものと考えられます。

柱の中に序列はないのですが、現「柱」の中では最年長・最古参であり実力でも1番の「岩柱」がまとめ役になることが多いです。

柱の特権

鬼殺隊の隊士は、通常、当主である「産屋敷耀哉」に余程の理由がない限り会うことができないのですが、柱は謁見することが許可されており、また、「柱合会議」という半年に一度行われる本部での御前会議への参席が認められています。

また、給料については、各々が求める分をもらう事が認められており、住居まで建ててもらえるなど、基本的になんでもありです。

柱が使う日輪刀には、刃元に「惡鬼滅殺」という鬼殺隊の信念である四字熟語が彫られています。この文字が刻まれていることにより、一目見ただけで階級が周知することができる階級章の役割も担います。

階級が分かりやすくなっていることから、現場ではスムーズに指揮権を発することができています。

柱のメンバー

岩柱・悲鳴嶼行冥(ひめじま ぎょうめい)

出典:鬼滅の刃 コミックス6巻より

鬼殺隊の最高戦力である柱の中でも、その中心を担う人物です。

岩の呼吸の使い手です。

初登場時から白目で描かれており、生まれて間もない頃に高熱を出し、それにより盲目になったとされています。

目が見えない代わりに、他の感覚が研ぎ澄まされ、とても鋭いものになっています。

いつも数珠を持って涙を流しながら世の中を憂いています。

また基本的には、鬼滅隊のことを第一の優先として物事を考えているのですが、「子供」というものに対して、人間不信のようなものを抱いています。

これは彼の過去に起因するものです。

武器は刀ではなく、片手用の斧と鋼球を鎖で繋いだ武器を使用しており、この武器全体が鉄の純度が高く、太陽光を吸い込んでいて、とても重いものとなっているのですが、これを自分の手足のように駆使して戦います。

さらに、この武器から発せられる金属音を反響させ、目が見えないながらも、立体的に空間把握することが可能になっています。

鎹烏は、「絶佳(ぜっか)」という雄の烏で、悲鳴嶼に「目でしか追えない情報」の報告を行なっています。

水柱・冨岡義勇(とみおか ぎゆう)

出典:鬼滅の刃 コミックス6巻より

水の呼吸の使い手で、炭治郎が初めて出会った鬼殺隊の隊士です。

禰豆子が鬼化して炭治郎を襲っている現場に現れ、禰豆子の首を撥ねようとしました。

自分と刺し違えてでも妹を守り抜こうとする炭治郎の姿と、飢餓状態にあるにも関わらず倒れている人間を身を挺して守ろうとする鬼・禰豆子の姿を見て、生かすことを選びます。

その後、炭治郎をかつての自分の師である鱗滝左近次のもとへ行くように言い、鬼殺隊に入るという道を示しました。

十代にして、10個の型がある水の呼吸を極めており、さらにオリジナルの方である「拾壱の型 凪」を編み出しています。

彼は実力はあるにも関わらず、自分が「柱」であることを、自分では認めていませんでした。

これは彼の過去に起因します。

かなりのコミュ障で、自覚はないが他の柱からは嫌われやすい性格をしています。

日輪刀の色は深い水色で、鍔は鍔は亀甲の形をしています。

水の呼吸の壱〜拾の型と彼のオリジナルである拾壱の型を駆使して鬼と戦います。

鎹烏は、「寛三郎(かんざぶろう)」というおじいちゃん烏で、戦闘中にトコトコ出てきて義勇をハラハラさせます。

炎柱・煉獄杏寿郎(れんごく きょうじゅろう)

出典:鬼滅の刃 コミックス6巻より

炎の呼吸の使い手です。

熱い男で、初めは、鬼を連れていた炭治郎に対し、隊律違反だから話し合う必要もなく斬首した方が良いという発言をしていましたが、炭治郎と禰豆子の処遇が決定した後は、階級がまだ1番下である炭治郎の「鬼舞辻無惨を倒す」という大きい目標に対して、他の柱が鼻で笑う中、称賛していました。

正義感が強く、どんな境遇でも歪まない強く健全な精神を持っており、誰とでも仲良くなれるようなコミュ力化け物です。

階級が「甲」の時に、単独で十二鬼月の下弦の弐を倒し、柱に昇りつめました。

日輪刀の色は、炎のような柄の赫色が浮かんでおり、炎のような形の鍔、白い柄です。

鎹烏は、「要(かなめ)」という雄の烏で、煉獄のことを最後まで見守り続け、目に涙を浮かべながら皆に状況を伝えに行きました。

霞柱・時透無一郎(ときとう むいちろう)

出典:鬼滅の刃 コミックス6巻より

霞の呼吸の使い手です。

最年少の柱で、刀を握るようになってからわずか2ヶ月の早さで柱となった天才剣士です。

過去に記憶喪失になっており、それ以来、頭に霞がかかるように物事が消えていき覚えていられず忘れてしまうという後遺症もあります。

また本人は知っていませんでしたが、「日の呼吸」の使い手の末裔です。

日輪刀の色は、白く、柄は緑色をしており、鍔は金色の四角を五つ重ねた形をしています。

元の担当していた刀匠は「鉄井戸」という老人でした。

鉄井戸は無一郎の境遇などを理解しており、彼の未来を心配していました。

そして、自分の寿命が尽きるのを感じ、遺言を残し、鉄穴森(かなもり)に託しました。

無一郎の日輪刀は、縁壱零式という絡繰人形との修行で破損してしまい、作中ではすでに鉄井戸は亡くなっていたので、鉄穴森が新しい刀を打ちました。

鎹烏は、「銀子(ぎんこ)」という睫毛の長い雌の烏です。

無一郎のことが大好きで、他の動物を飼おうとすると嫉妬します。

蟲柱・胡蝶しのぶ(こちょう しのぶ)

出典:鬼滅の刃 コミックス6巻より

蟲の呼吸の使い手です。

炭治郎が義勇の次に出会った2人目の柱です。

常に笑顔を絶やさず、鬼と仲良くするということを言っていますが、実のところはとても鬼を憎んでおり、作り笑いをしているのでした。

この笑顔は、彼女の過去に起因します。

両親は、鬼に襲われて亡くなっていますが、その両親の仕事の薬の調合を幼い頃から側で見ており、小さい頃から庭に生えている草で薬の調合をするなど、薬学・医学に精通しています。

その知識を活かし、鬼を倒すのに有効な毒の開発を行なっています。

女性で体重も軽く、腕力が乏しく、剣を振る力はあまりありません。

しかし、突く力と速さに秀でており、鬼に剣を突き刺すことによって開発した毒を注入し倒します。

日輪刀の色は不明ですが、形が特殊で、剣の先の方と鍔近く以外のところに刃がなく、非力な忍が扱え、刺突に特化した形状をしています。

刀身を通して毒を注入します。

注入する毒は、特殊な鞘の中で調合を変えることができます。

刀鍛冶の里の長で、里1番の技術のある「鉄地河原鉄珍(てっちかわはら てっちん)」によって造られました。

鎹烏は、「艶(えん)」という雌の烏で、しのぶの命令によって炭治郎のために煉獄に連絡するために登場しました。

風柱・不死川実弥(しなずがわ さねみ)

出典:鬼滅の刃 コミックス6巻より

風の呼吸の使い手です。

柱たちと炭治郎、禰豆子が産屋敷邸に集まり、2人の処遇を決める裁判の際には、処罰を与える派でしたが、鬼の本性を引き出そうと、禰豆子が入っていた箱を剣で刺し、自らも血を流すことで襲わせようとしましたが、禰豆子が耐えたことで、逆に襲わないという証明をしてしまうことになりました。

鬼殺隊の隊士である不死川玄弥を弟に持っており、とても辛く当たりますが、実のところは玄弥に長生きしてもらいたかったために木佐伝に入って欲しくなかったという理由を持っていました。

荒々しい態度をしていますが、目上の人への敬意等は持っており、礼節を弁えています。

また、稀血と呼ばれる珍しい血を持った人物で、さらにその稀血の中でも珍しい「鬼を酔わせる血」を持っています。

日輪刀の色は、深い緑色をしており、鍔は菱形が8つ円形に並べられた形をしています。

鎹烏は、「爽籟(そうらい)」という雄の烏で、無惨の産屋敷邸襲来の際は、誰よりも早く柱を連れてきました。

音柱・宇髄天元(うずい てんげん)

出典:鬼滅の刃 コミックス6巻より

音の呼吸の使い手です。

炭治郎と禰豆子の処遇を決める柱合裁判の時に初登場しました。

元々は忍者で、忍者の頭領として育てられていました。

特殊な理由で鬼殺隊へと入っているため、他の隊士たちほどの鬼への恨みや憎しみ等は持っておりません。

忍者で地味なことをしていた反発からか、派手なことがとても大好きな性格で、また、下級の隊士のことは見下しており、自分に対してへつらうようにと言ったりする、体育会系のような部分もあります。

しかし、下の者の命を無下にしたりする事はなく、私情を優先した判断をしてしまい味方との連絡が途切れてしまった時には、残っている隊士には命を優先して逃げるように指示していました。

元々は忍者で、忍者の頭領として育てられていました。

そのため、指揮能力に長けており、個の才能が突出しているために選ばれている柱の中では、少数の貴重な存在です。

日輪刀は二刀流で、色は橙色、さらにこの二刀の柄尻を鎖でつないでおり、凄まじい握力を利用して、片方の刃先を摘んで振り回したりできます。

また、爆薬も調合したくさん仕込んでおり、これを様々な用途で駆使して戦います。

鎹烏は、「虹丸(にじまる)」という雄の烏で、天元と同じく派手好きな烏です。

とてもおしゃれ好きで、烏界のファッションリーダーらしいです。

伊黒小芭内(いぐろ おばない)

出典:鬼滅の刃 コミックス6巻より

蛇の呼吸の使い手です。

炭治郎と禰豆子の処遇を決める柱合裁判の時に、木の上にいる状態で初登場しました。

気難しい性格をしており、当主の産屋敷と同じ位である柱たち以外の人間に対し、信用も期待もしていません。

食事をすることが好きではなくとても少食で、3日ほど食事を摂らなくても平気だといいます。これはおそらく過去の出来事が起因しています。

力はあまりないのですが、それを補って余る技術を有しています。

剣術にもその高度な技術を活かし、蛇のような変則的な軌道で斬撃を放ちます。

日輪刀は、薄い紫色をしており、諸刃で蛇のようにうねった刀身をしています。

鎹烏は、「夕庵(ゆうあん)」という雄の烏で、分析力に長けている伊黒に、状況を詳しく説明していたと思われます(無一郎の赫刀のところとか)。

また、烏の他に「鏑丸(かぶらまる)」という、子供の頃からずっと一緒にいるアルビノの蛇がいます。

甘露寺蜜璃(かんろじ みつり)

出典:鬼滅の刃 コミックス6巻より

恋の呼吸の使い手です。

炭治郎と禰豆子の処遇を決める柱合裁判の時に初登場しました。

鬼殺隊への入隊理由は「結婚相手探し」で、自分よりも強い殿方を好んでおり、強いけど会うことが難しい柱たちに会うために柱になったといいます。

柱には冷静なキャラが多い中、唯一の感情豊かで天真爛漫なキャラです。

また、他の柱や隊士たちとは違い、あまり鬼に対しての憎悪のようなものはなく、鬼に対しても柔軟な思考ができる貴重な人材です。

特異な体質を持っていて、筋肉の密度が常人の8倍あり、力を入れると上弦の鬼の攻撃にも耐え得る強靭さを誇り、また、力を抜けば女性のしなやかさを取り戻し関節の可動域が広がります。

しかし、異常な筋肉量のせいでエネルギーを大量に消費してしまうため、相撲取り3人よりも食事を摂らなければいけないという難点があります。

日輪刀は、刀鍛冶の里の長・鉄地河原鉄珍が打った特殊な刀で、布のように薄くしなやかさがあり、達人が扱えば折れる事はないという、桃色の刀です。鍔は、ハートが4つ葉のクローバーのように並んでいます。

鎹烏は、「麗(うらら)」という雌の烏で、頭に花の飾りのようなものをつけています。

まとめ

以上で鬼滅の刃の鬼殺隊の最強戦力・柱のメンバーの紹介を終わります!

次の記事では、岩柱・悲鳴嶼行冥について詳しく書きたいと思います!

読んだことがない人は、是非読んでみてください!

読んだことがある人も、何周でも読み返しましょう。

読み直すことでの新しい気づきがあるでしょう。

ちなみに筆者はまだ2周しかできていません…

鬼滅の刃の読者が増えると嬉しいです。(誰目線)

私がこれまで読んできた漫画の紹介も順次していきます!

では、また!

コメント

タイトルとURLをコピーしました